レーザー脱毛は施術時間も短く痛みも少ない脱毛方法

医療レーザー脱毛というのは、メラニン色素を含んでいる組織に反応するレーザーを患部に照射することで毛根部分を破壊して脱毛させるという方法です。


レーザーには波長があり、医療レーザー脱毛に使用されるレーザーの波長は、皮膚には反応せず、毛根だけに反応するため、照射した部分の皮膚に痛みを感じることなく、毛根を確実に破壊して脱毛させることができます。

医療レーザー脱毛のレーザーは商社の速度が非常に速いため、脱毛時間も従来の方法と比較すると飛躍的に短時間で済むようになったのが特徴です。


その人の毛の状態と毛周期に合わせて何度も通う必要はありますが、一回当たりの施術に要する時間は短く、通常は毛周期に合わせて約6回程度の照射を行うことで満足のいく脱毛効果を得ることができます。



そしてもう一つの特徴が施術時の痛みに関することです。



プロに脱毛してもらいたいけれど、施術の際の痛みが心配だという人は少なくありません。



けれども医療レーザー脱毛ならば従来の針脱毛のような強い痛みを感じることはありません。




けれども痛みの感じ方にはかなり個人差があり、輪ゴムでごく弱くはじかれた時のような感覚というたとえをする人が多いようです。



それでも痛みが心配だという人はカウンセリングの際に申し出れば更なる痛みの緩和措置をしてから施術を受けることもできるので、心配な場合は事前にしっかりと相談しておくことがおすすめです。痛みが少なく、安全に確実に永久脱毛できる方法、それがレーザー脱毛です。



MENU