レーザー脱毛と脇汗と

医療レーザー脱毛等で、本格的な脇脱毛をすると、脇汗が増えるという話を聞いた事がある人は多いでしょう。
実際に、脱毛の施術が完了した後は、脱毛をする前よりも、汗の量が増えたと感じやすくなります。

ですが、脱毛によって汗の量が増えるという事はありません。



医療レーザー脱毛等の脱毛によって汗の量が増えたと感じるのは、それまで脇の汗を留める役割をしていた毛がなくなった事によるものです。ムダ毛というのは、役に立たないものというイメージを持つ人は多いでしょう。

ですが、毛にはそれぞれ役割があります。脇の場合、擦れやすい部位を守る役割、脇にあるリンパ節を守る役割、匂いをそこに留めてフェロモンを出す役割等です。



そしてもうひとつ、人の体の体毛には、汗を留める役割もあります。

汗を留める事で、体臭が発生する原因となる事もありますが、汗を留めておく事で、肌の保湿を助ける役割もあります。

医療レーザー脱毛等で、ムダ毛がない状態にすると、汗は留まる場所がなくなる為、出てきた汗は全て、肌を伝って流れ落ちていく事になります。
ですから、脱毛前に比べると、その量が増えたと感じる事になります。



ただ、汗の量自体が増えた訳ではありません。

更に、汗が留まらず流れ落ちる事で、体臭を軽減させるというメリットもあります。



脱毛完了後は、こまめに汗を拭き取る等、今まで以上に汗に対する対策が必要となります。


ですが、脱毛には、それ以上のメリットがあると言えます。





MENU