レーザー脱毛で実際に毛の抜ける時期

レーザー脱毛は肌の中でもメラニン色素が多いところにのみ反応する光を利用した脱毛法で、一度処理をすると最低でも数年間は毛根が再生しないのが特徴です。

施術は肌の上からハンドピースの照射面をあてるだけという簡単なもので、場合によっては保護用のジェルを事前に塗布します。



均等に効力がかかるようにシェービングは自宅ですませてから、クリニックに行くのが通常です。



レーザー脱毛の施術後実際のムダ毛の抜ける時期はダメージを受けた毛根が肌から押し出される数日後です。


また濃く太い毛ほどすぐに抜けていきますが、産毛など細い毛が密集している箇所は少し抜ける時期も遅くなりがちです。

その場ですぐに抜けるワックスなどに比較するとレーザー脱毛は抜けるまでに時間がかかりますが、持続性が長いうえに物理的に引っ張って抜くわけではないので肌への負荷が少なくてすむというメリットがあります。ヘアサイクルにあわせて2カ月おきくらいに処理する必要がありますが、回数を重ねるごとに受け落ちていくムダ毛が多くなり、平均して1年ほどで万遍なくきれいになります。




カーブの多い部位はうち漏れがないよう注意深く処理する事が必要ですが、全体的にスピーディに広範囲を処理することができ、顔やデリケートゾーンなど全身を脱毛する事が可能なのもレーザー脱毛も特徴です。



施術後は肌が乾燥しがちになるため、抜ける時期までの間は念入りに保湿をし、直射日光など強い紫外線にあたらないようにする事が必要です。






MENU